杉並、中野、練馬で相続のご相談は下井草駅徒歩2分の司法書士いぶき合同事務所にお任せください。

相続放棄

  • HOME »
  • 相続放棄


相続放棄とは

相続人が亡くなったなった方の権利や義務を全面的に相続しないとする意思表示のことです。

相続が開始すると相続人には亡くなった方のプラスの財産のみならずマイナスの財産も引き継がれることになります。
そこで相続人にはその相続を「承認」するか「放棄」するか選択することができます。

相続放棄は自分が相続人になったと知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申し出てする必要があります。
3カ月以内であっても亡くなった方の財産を使ったり、相続人として遺産分割協議をすると相続放棄できなくなることにご注意ください。

相続人になったことを知って3カ月過ぎてしまったときは

原則として相続放棄することはできません。
しかし、相続人が亡くなった方には財産がないと信じていたために相続放棄の手続きをせず、
そう信じたことに相当の理由がある場合など、3カ月過ぎていても相続放棄できる例外もございます。
お早めにご相談ください。

相続放棄の流れ

①ご予約
メール電話でお問い合わせください。
今後の流れなどをお伝えいたします。

②ご面談
一度事務所やお客様のご都合がよい場所でご面談させていただきます。

③相続人、相続財産の調査
お亡くなりになった方の戸籍謄本等を収集し、相続人を確定させます。

④相続放棄の申述
書類がそろいましたら、家庭裁判所に相続放棄の申述をします。

⑤家庭裁判所からの照会
家庭裁判所から照会に期間内に回答します。

⑥相続放棄の受理
相続放棄が受理されると相続放棄申述受理通知書が送られてきます。
さらに金融機関が求める場合などは相続放棄申述受理証明書を取得します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5303-9642 受付時間 9:30 - 19:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 司法書士いぶき合同事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.